本文へスキップ

厚生労働省登録検査機関

ISO/IEC17025:2005認定試験所

トピックスTOPICS

HACCP講習会(3日間コース)を一般財団法人日本食品分析センターと共催します

                                               2019年3月

 HACCPシステムを効率的に構築し混乱なく運用するには、危害要因分析をはじめとする7原則12手順の各要素とその相互関係についての理解を確実にするための集中的なトレーニングが最も重要です。
 弊会では、数あるトレーニングカリキュラムのなかでも米国FDAの水産食品HACCP規則のために構築された講習会が、講義と実習を含み、7原則12手順の基本要素を正しく理解できるという点で優れたトレーニングカリキュラムであると考えています。
 我が国においては、HACCPシステムの構築および運用に向けた講習会が種々開催されていますが、講習内容についてハーモナイズを図っていくことも重要な課題の一つです。

 弊会では、FDAの推奨するカリキュラムに近い構成で既に実施されている一般財団法人日本食品分析センターと共催という形をとることで、講習内容のハーモナイズを図り、より幅広い食品事業の方々に受講していただけるように、以下のとおりHACCP講習会を開催することとしました。


詳細のご案内
 

 【講習会を受講することのメリット】
・HACCPチームに求められるスキル(危害要因分析、HACCPプラン作成など)を習得することができます。
・ISO 22000,FSSC 22000,SQF Level 2などに不可欠なHACCPを正しく理解いただくためにお勧めの
 コースです。
・従業員へのHACCPの教育・訓練の一環として、ご活用頂けます。
・座学だけではなく、モデルケースによるグループ演習により、実践的な講習会となっています。

【カリキュラム】

 本講習会は、食品事業者の皆様を対象としたHACCPシステムの導入及び普及を目的とし、HACCPシステム構築手順に関する講義、危害要因分析の実施およびHACCPプランの作成を行うグループ演習から構成される3日間の講習会です。一般財団法人日本食品分析センター主催の講習会と同じテキストおよび講義内容で、HACCPの基本を詳細に学びたい方、現場でHACCPシステム構築・運用に取り組んでいる方を対象としています。
講義 ・ HACCPシステムとは
・ 危害要因とは
・ 一般的衛生管理プログラム
・ HACCP適用のための7原則と12の手順
 グループ演習 ・製品説明書およびフローダイアグラムの作成・確認
・危害要因分析の実施
・HACCPプランの作成
 タイムスケジュール
(予定)
1日目: 9:30~18:00
2日目: 9:00~19:00*
3日目: 9:00~17:00
* 20時頃までかかることがあります。
 
【定員】
 30名

※1コースに複数名でお申し込みいただいた場合、人数の調整にご協力頂くことがございます。

【受講料】

 33,000円(税抜) ※昼食代を含む
 (但し、会場までの移動費、宿泊費、昼食以外の食事等は自己負担となります。)

【2019年度開催スケジュール】
コース
コード
開催日  開催地 会場  受付状況
HS-01 7月10日(水)〜7月12日(金)  東京 江東区産業会館
第5、第6展示室(2階)
東京都江東区東陽4-5-18 
受付中
HS-02 9月18日(水)〜9月20日(金)  東京 調整中 受付中
HS-03 11月13日(水)〜11月15日(金)  東京 調整中 受付中
HS-04 2020年
 1月15日(水)〜1月17日(金)
 東京 調整中 受付中

【お申し込み方法】

 WebまたはFAXにてお申し込みいただけます。お申し込みフォームに、必要事項をご入力またはご記入の上、お申込みください。
Webでのお申込み

FAXでのお申込み

【お問合わせ】
 ●電話でのお問合せ(月〜金 10:00〜17:00):事業部 TEL:03-3522-2338
Webでのお問合せ

トピックス一覧へ